トバナキャイケナイ

昨日なんだかボウケン感想だけ書いてドロンしちゃったんですが、高知ってば凄い雨と雷でした。昼過ぎの2時間ぐらいかな、ピカピカゴロゴロどっかーん五月蠅ぇよ!ってぐらいで、怖くてパソもHDDも電源落としましたよ。
で、学校からの連絡網は携帯に各自メールが来るようになってるんで、案の定メールが来て「待機してます」との事。多分雲の流れが速いからそんなに心配しなくても平気だよーとか思ってたのに学校側が待ちきれずに今度は「迎えに来て下さい」ってメール。
土砂降りの中、傘も無いのに迎えに行きましたよ。凄い渋滞で酷かった。なんとか無事帰路についた頃には雨脚も弱まり、帰って少しすると晴れ間も出て来て「あーーなんだったんだ私の苦労は」と思ったのでした。

そんなれじさんは、昨日のボウケンを考えすぎて頭がグルグルしてる。チーフは映士に信頼して欲しかったんだろうなぁとか映士は最初から分かってるんだけど、理解していても分からない事、分からないフリをする事、分かる為に、次に進む為に踏み出すその一歩を出せる勇気を得る為にしなきゃならない事が有る。 って事かなーとか。だから最後「分かってるんだ」って言った時ホッとしたんだろうか私。 以前さくらが菜月に「真墨達が心配じゃないの?」って言われて「心配ですよ」って言った時もホッとした。あ、ならいいじゃん とか思って。其れと似てる。

最後のボイスの感じからすると、前から思ってたんだけどサージェスって裏が有りそうだと思いません?最後なんかやらかしてくれそうだなと、そんでボウケンジャー狼狽えるとか。でもチーフはやっぱりなんとなく掴んでて皆を救うと良い。會川さんヨロシクw
[PR]

by reji-ayako | 2006-09-07 15:40 | 日々