<   2006年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

コンビニなのに。

f0050241_16462016.jpg

大晦日まで仕事だったおひるねさんがお土産に買って来てくれたプリン。チョコとミカン味。
他にもマンゴーや抹茶等も有り。
なめらかな舌ざわりで大変美味でゴサイマスー☆
サンドイッチやマドレーヌも美味しいよ。

美良布のコンビニおかばやし最高ッス!
[PR]

by reji-ayako | 2006-12-31 16:46 | ケータイ

今年

あぁもう今年最後の日になりましたね。今日が終われば今日は去年だわ。不思議。

今年も色々ありましたね。……はて、何したっけ?


ま、まぁね、そう色々有ったはずよ。あぁあったあった。ボウケンとかね(それだけか)


とか変なボケは置いといて。
ジンが小学生になったり、KAT-TUNがデビューしたり仁が休業したり、エルレにどっぷり嵌ったり。おひるねさんが忙しくなって生活ガラッと変わったりもしたよなぁ。
此のブログも良く続いてるなぁ。結構マメに更新してるよな俺。くだらない内容が多い様な気がしますが、見てくれてる人が居るんで幸せです。有り難う。


そんな感じで、皆様来年もよろしくお願いします。


良いお年を~☆
[PR]

by reji-ayako | 2006-12-31 00:58 | 日々

キャラソン

轟轟戦隊ボウケンジャー キャラクターソングアルバム プレシャス・ソングス
TVサントラ / / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B000J10BC2
スコア選択:



田舎だからか時期が悪いのか、買いに行っても全然無くて結局ネット通販で買いました。コレだけは買っとこうと思ってたんだわ。

で、中身はボウケンメンバー6人それぞれの歌+OP・ED
こういう特撮キャラソンって歌がイマイチなんだよなぁと思いつつ。1番良かったのは映士の歌かな。ちょっと格好いい系?w 菜月の歌が凄く可愛かった☆
歌に関しては真史意外は心配してたんですが、皆まぁまぁかな。安全パイだった真史があんまりだったのでちょっとガックシ。ヤスカと菜月は喋ってる感じからあんまり期待持てない感があったので、まぁ想定内で。出合は下手じゃないんだけど抑揚が無い。真っ直ぐ唄ってるんだね。
私的に一番の心配さんだった光臣なんですが、コレがなんと上手かったw 全然普通に上手かったッス。そしてやっぱり遥も上手かった。遥は上手いかなぁと思ってたんですけど、光臣マジちょっとビックリ。

そんな感じでボウケンキャラソン。是非聞いてみてくらはい。プッってなるからw
[PR]

by reji-ayako | 2006-12-29 19:55 | music

Task.39

総集編。

映士のフラダンス。



スーパーへ走るズバーン。


ふふふ。
[PR]

by reji-ayako | 2006-12-28 01:16 | Hero

冬休み

とうとう冬休みになってしまった。
朝寝坊出来るのは良いけど、五月蠅いよね子供達w

昨夜ののだめーなんか感動したわぁ。終わった感じしないけどヨーロッパに行くと流石に2は無いかなと。あったら嬉しいけど、全編ヨーロッパロケって……無いな。スペシャルぐらいならやってくれるかしら。
今期のドラマで当たってたのがのだめだけだったし、来期もあんまし面白そうなの無いからなぁ。残念。

ネバーランド
ジョニー・デップ / / アミューズソフトエンタテインメント
ISBN : B000FHIVWM
スコア選択:



スカパーでやってたので見ました。ジョニデだから見ようと思ってたからラッキー♪
コレって地味ですよねw でも面白かった。 想像の世界と現実に戻る切り替えや、ピーターの演技とか凄く良い作品ですよねー。寂しい感じも凄くあるけど優しい映画です。

【内容・説明】Amazonより
劇作家ジェームズ・バリが、未亡人シルヴィアとの出会いをきっかけに、名作「ピーター・パン」を書き上げるまでを描く感動作。1903年のロンドン。新作の芳しくない劇評や、妻とのぎくしゃくした関係に悩むバリは、シルヴィアと4人の息子たちとの交流に安らぎや生きる喜びを覚えていた。父の死を心の傷としている三男のピーターに書くことのすばらしさを伝え、病気を抱えたシルヴィアを気遣うバリ。やがて舞台「ピーター・パン」は初日を迎えるが…。
物語は、自由奔放な劇作家の不倫ドラマとしての側面もあるが、彼と未亡人家族の美しい心の触れ合いが協調され、監督の実直な演出もあって、純粋な感動を導いていく。デップは、やり過ぎず、要所で笑わせる余裕の演技。そして、バリによって書くことに興味を持ち、生きる希望を見出すピーター役、フレディ・ハイモアの演技が泣かせる。20世紀初頭、ロンドンの上流階級ファッションや、当時の劇場の様子も見どころ。ベッドからの飛行やネバーランドなど、「ピーター・パン」のファンタジー要素がドラマにうまく溶け込み、知らず知らずに涙が流れてしまう珠玉作だ。(斉藤博昭)

[PR]

by reji-ayako | 2006-12-26 13:06 | DVD・TV・MOVIE

MerryX'mas

f0050241_19471874.jpg

今年はイヴ当日の朝に子供達で制作。
もう年末かぁ。早いな。
今からケーキ食べます。
サンタの皆さん(ウチも含め)ご苦労様ッス!
[PR]

by reji-ayako | 2006-12-24 19:47 | ケータイ

褒めすぎ

個人懇談終了ーーーーーしましたぁ!なんだかホッとした。今学期最後のイベントだわ。

しっかしレンもジンも褒められっぱなしで大変恐縮しました。ホントかなぁと疑ってみたりw

ま、コレで25日の終業式が終われば、冬休み突入!

早起きしないで済むーーーーーー!!!!いやっほーい!
[PR]

by reji-ayako | 2006-12-22 20:17 | Kids

勇気

鉄人28号 デラックス版
池松壮亮 / / ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000B6H6D2
スコア選択:



【内容】Amazonより抜粋
小学6年生の金田正太郎は、幼い頃に父を亡くし、母と2人暮らしだった。ある日、正太郎の住む大都市・東京に突如、巨大ロボット、ブラックオックスが現われ、街を破壊して去った。その直後、綾部と名乗る老人が正太郎の前に現われ、正太郎の祖父と父が研究していたロボット、鉄人28号の存在を告げる。鉄人を操縦してブラックオックスを倒せるのは直感像素質を持った正太郎以外にいないのだ。父の遺志、母の愛を背負った正太郎は、勇気を振り絞って鉄人を操縦し、ブラックオックスとの戦いに臨む!


あぁぁチープ。
面白いんだけど、ちょっと物足りない気がするのは鉄人の戦闘シーンがイマイチ迫力に欠けるトコじゃないかと思う。まぁ私は戦闘シーン大好きさんなのでちょっと厳しいかも知れないし、あのガタイであの動きならあれぐらいが限界なのかも知れないなぁとも思いつつも、もうちょっと迫力ある画とか強さとかが出るともっと良いのでは無いかと思う。まぁメインは正太郎の成長ドラマなので、そんなもんかなぁとも思うけど。しっかし正太郎役の子の微妙な表情などの演技が凄いなぁと感心して見ました。お父さんが阿部寛なのが又Good!
[PR]

by reji-ayako | 2006-12-21 20:26 | DVD・TV・MOVIE

Task.38

あーーーなんだーーー蒼太カワイイ☆めっちゃカワイイ!はうぅぅ。初めてだぜ蒼太萌え!

未夢も可愛かったなぁ。演技は微妙だけどw 良い感じで。
最後の抱き合うシーンも、膝枕も、プリクラも、全部2人とも可愛かった。蒼太格好良いッス!私服も完璧ーー!!

で、シズカちゃん~~!コスプレなのに強いw アクションも綺麗で良いなぁ。
スーパーシズカとのアクションが格好良かった。蒼太のアクションがぁ燃え燃えッス。
そう言えば蒼太の歌もかかってましたね。ソンコレ買えてないんだわぁしくしく。


で。チーフは何故にスバーンにカレーを食べさせて貰ってるのか?
ズバーンが「あーん」って言ってるの。  言えるんだ!
[PR]

by reji-ayako | 2006-12-20 22:00 | Hero

黄色いキノコ

朝から2本立て続けに見るとやっぱ疲れますわ。

リンダリンダリンダ
ペ・ドゥナ / / バップ
ISBN : B000CDW8AA
スコア選択:



【内容】Amazonより抜粋
高校の文化祭のためにロックバンドを組んだ女子高生たち。しかし仲違いでボーカルが抜け、残ったメンバーは、韓国から来た留学生を誘う。ブルーハーツをコピーしようと決めた彼女たちだが、本番までは、たったの2日。必死の練習が始まるのだった。


コレもうちょっとスピード感が有った方が見やすかったかもなぁと思いました。
まったり感を出したかったのは分かるんだけど、内容的にはメリハリが有った方が良かったような。
ただ、話は結構面白かったです。選曲もバッチリ。やっぱ青春物は好きだわぁ。文化祭ってのも誰もが経験してるし、バンドじゃなくても何かやった事有るだろうから、懐かしさもあるし羨ましい感覚もあるもんね。うん、良い。
そう言えば、又真史を見つけました。アイツ私の見るDVDに尽く出てやがる。役名も「三上くん」でしたがw しっかしちょこちょこ仕事してるねぇ。ボウケン前にこんなに出てる人他に居ないべ。


------------------------------------

かもめ食堂
小林聡美 / / バップ
ISBN : B000ELGLDA
スコア選択:



【内容・説明】Amazonより
フィンランドのヘルシンキで日本食堂を経営しているサチエは、図書館で知り合ったミドリを食堂のスタッフに迎える。お客は、日本アニメおたくの青年しかいない店にボチボチ人が集まるように。悩みをかかえたフィンランド人、荷物が出てこなくなって困っている日本人など、個性的なお客さんたちが、かもめ食堂に集まり、サチエたちの温かな心がこもった料理でなごやかな気持ちになっていく。
れっきとした日本映画だが、オールフィンランドロケで、現地スタッフや役者も参加して作り上げた日本とフィンランドのコラボ映画。あせらずマイペースなサチエに小林聡美がピッタリ。また「かもめ食堂」の北欧風のインテリア、シナモンロールやおにぎりなどのお料理もおいしそうで、ビジュアルも十分に楽しめる。国境を超えた人間関係をオシャレで心温まるヒューマンドラマに仕上げたのは『恋は五七五』でおなじみの荻上直子監督。(斎藤香)


面白い! もう小林聡美・もたいまさこ・片桐はいりの3人ってだけで借りてきて見たけど、やっぱ良い。
フィンランドの景色も素敵だけど、料理が日本料理ばっかりでなんだか可笑しい。でも美味しそうでお腹が空くw もうねーホントに此の感じ好きだなぁ。ほのぼのしててまったりしててあったかい感じ。でもキャストか↑なんで笑いも随所にw
[PR]

by reji-ayako | 2006-12-20 12:43 | DVD・TV・MOVIE